endeavor.png

Endeavor

世界最大の起業家支援NPO


エンデバーは、支援起業家の選出・メンタリング・資金調達援助を通じ、世界経済の中長期的な成長に貢献する・ひいては雇用拡大を生み出す起業家を支援する非営利組織。そのネットワークは、起業家の世界進出支援を時間的・金銭的に継続支援することをコミットしている世界500名のボードメンバーと広くエンデバーに関わるメンター数3,000名で構成されている。

過去20年において、各国経済に影響を与えるような成長可能性を持つ累計800社以上の起業家に対し、4,700件以上のメンタリング・セッションを無償で提供してきた。エンデバーによって選出された起業家であるエンデバー・アントレプレナーが2015年に生み出した収益は81.6億ドル(9,300億円)、昨年までに創出した雇用は60万人にのぼる。

endeavor

ボードメンバーはマネックスグループ株式会社代表執行役社長CEOの松本大がチェアマンを勤め、Mistletoe株式会社代表取締役社長の孫泰蔵、ヤフー株式会社常務執行役員宮澤弦、フォーブスジャパン代表取締役CEO兼編集長高野真などが所属。

endeavor entrepreneur

エンデバーによって選出された起業家であるエンデバー・アントレプレナーの日本企業には、ラクスル株式会社(東証マザーズ)、株式会社ユーザーベース(東証マザーズ)、Sansan株式会社(東証マザーズ)、WHILL株式会社、Global Mobility Service株式会社、セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社がある。
画像:Endeavorホームページ


登壇イベント


関連するポテンシャリスト